小藤さんのそれから

盆栽・小藤の成長

小藤さん元気に活動中です

盆栽・小藤の成長

小藤さんもさもさです

はげちゃびんだった小藤さんに葉っぱが出てきたというお話は以前しましたが、今日はその小藤さんが更にもさもさになったので写真をアップしてみました 😆

凄くないですか?? こんな二週間位の間にこんなにもさもさになってしまうんですよ! 生命力の強さに感激ですね♪

瀕死の状態から今の小藤さんを育てていながらも想像できませんでした。

そこで、元気な小藤さんにも栄養を与えなきゃという事で置肥(小)を四つ程置いておきました。葉っぱが出てきた事で光合成もいっぱいできるし、栄養をつけて枝を伸ばしそこから盆栽仕立てに出来たらいいなと今は思っています。

もしかすると一度起きた奇跡があるなら、二度目の奇跡で花を咲かせちゃうかもしれませんね! 来年植え替えようかと思うのですが、その時にはもう一回り大きな鉢に変えようかとも思っています。

けれど小藤さんは松などと違い根が縦に長めなので、通常の平鉢になるとだいぶこんもりした外見になりそうな気がします。 ちょっと深めで渋い鉢を探してみよう!今の鉢は真っ白の陶器で購入時から付いていたものなので、盆栽ちっくじゃないし。

植物の鉢について思う事

植物を育てるようになってから、鉢について色々考える様になりました。

初めの頃、ハオルチアを育てる為の鉢に素焼きの赤鉢を大量に購入して通気性とコストを重視して選んでみたのですが、乾燥が早すぎてネットで調べた情報のペースで水やりしているとしょぼくれた感じになるんですね。

そこで駄温鉢に変更してみると、乾燥が若干遅くなりました。 そこで次は陶器の100均鉢へちびハオルチアを4個づつとか植えてみたんです。

すると、結構な感じで順調かつ元気に成長しているので小さな内は陶器鉢に植える事にしています。玉扇や万象くん達はプラの深鉢に9割は植え付けていますが、1割敢えて陶器に植えているのもありますがそれも順調に育っています。

最近、オークションサイトでパキポを見ているとパキポ専用の鉢というものが結構な高値で販売されていました!! 盆栽鉢の様にパキポに特化した鉢という事なのか? それともブランド的な意味合いがあるのか? または通気性などパキポを育てるのに条件を揃えた鉢なのか?? 条件を揃えた鉢というなら購入したい気持ちもあるけど…。

あ、うちのグラキリスくん3つの内の2つは天国へ召されました… 😥  残るパキポは1つ。

神様~どうにかパキポくんを大きくしてください!!! 切実に

ちなみに最近はエコと便利さとコストを考えて、ペットボトルを改造して小苗を植えたりもしています。なぜかと言いますと、根の張り具合や痛み具合が観察できるというのが最大のメリットですからね!!

ハオ君たちは根が機嫌を損ねてしまうと、一気に根が無くなるなんて事もあるので(汗

ですからペットボトル鉢も中々良いですよ 😛

Follow me!

スポンサーリンク
検索