伊平屋村へレッツゴー! パート1

伊平屋村・平松

伊平屋村へ行ってきました~

伊平屋村港

手を振ってお見送りしてくれました。

はいさい!

今日のお出かけ日記は沖縄県の離島の一つである「伊平屋村」へ行って参りましたよ~ 🙄  私沖縄県民ではありますがこれまで離島と言えば、宮古島・伊江島にしか足を運んだ事はありません(汗

今回はお仕事の関係で出かけた訳ですが、沖縄の北部にある運天港へ那覇から高速に乗り1時間半位で到着です。さらにそこから1時間20分かけてフェリーに揺られて、やっとのこさ伊平屋村へ到着です。(ちなみに伊平屋村へは飛行機はありませんよ~)

フェリーには車を乗せる事も出来るので気軽に上陸できます。車種により料金は変動するので、事前予約をしておく事と車検証を忘れてはいけませんよ~。

宿の予約はオンシーズンは必須です

伊平屋村にはホテルというものもありません。宿泊施設の数も石垣や宮古などと比べると数が少ない事と民宿しかありませんので、オンシーズンに入ると予約が取りにくいらしいのでこちらも事前予約は必要ですね。

私は民宿などには宿泊した事が学生の頃位しかなく、ホテル泊まりが多いので民宿はちょっと苦手です 🙄  出来る事ならホテルなんか出来てくれたらもっと楽しめたかなぁ~とも思ったりしました。

あ、コンビニもないっすよ。 商店で確認出来た所で一か所22時まで空いてる所あったので三日間そちらにお世話になりました! カップラーメンとかの非常食買うなら本島で購入しておいた方が無難かもしれません。

レンタカーは直接港でレンタルする事も出来るので、運天港へマイカーを預けて(1泊500円程度)伊平屋村内でレンタカー借りれば、車両の船代を節約して安く済ませる事が出来ます。ちなみに軽自動車なら往復2万ちょいで大人二人の料金になります。

車両なしの場合には、大人12才以上 往復4640円 子供6~12才未満 往復2320円

それ以外に環境協力税なるものが一人100円徴収されます

それ以外にも自転車料金 往復2020円 ミニバイク料金 往復4040円 二輪車 往復8140円と細かい料金設定がされています。

車両乗り込みなら、出発の30分前には必ず港にて手続きを済ませてからの乗船となりま~す。

運天港発→伊平屋村 一便 11:00 二便 15:00

伊平屋村発→運天港 一便 9:00 二便 13:00 となっています~。

という事で、まずはざっと伊平屋村への基本情報のお知らせでパート1終了~続いてはパート2へ続きます :mrgreen:

Follow me!

スポンサーリンク
検索

フォローする

スポンサーリンク
検索