五葉松のヘルプ作業

イメージ図

五葉松のヘルプ作業

こんにちは!

沖縄はとても暑い日々が続いております 😈

そして私の心はブルー・・・。

以前紹介した「五葉松」さんがあの事件以来元気がなくなり、葉も無くなり・・・

意を決して剪定鋏でどこまで生きているのかを確認する為に剪定してみたのですが 😥

はぁ・・・という結果でした。。。。(泣

どうやら・・・以前お話した際にも触れましたが、購入した時から付いていた針金部分が腐っているようで 😥

その針金は鉢の中の根っこの方まで深く刺さっていて、幹を太く作る為にグルグル巻きのまま成長させていたんだろうと、ちょっと悲しくなりました。

とりあえず、その針金を全部外して今はもう枯れ木の様に一部分のみと根っこを残してヘルプ作業に取り掛かる事にしました。

発砲スチロール鉢

発泡スチロールの箱

発砲スチロール鉢

土を投入!

用意したのは100均で購入してきた発泡スチロールの箱です。

そこにアイスピックでこれでもか!!という位に穴を開けておきます。

そこへ、水はけのよい土を投入しておきます。 ➡

この土は赤玉多めで後は、鹿沼土、砂少々という感じです。

そこに、五葉松さんをのせて置くわけですが、土全部に埋めるのではなく、抜き出した土の底から三分の二を埋めてあげて、三分の一は飛び出している状態です。

イメージ図

イメージ

写真はイメージ図です 😯 

何となくですね、写真を写す気分にはなれずにイメージ図にしました。

あんなに元気だった五葉松さんの哀れな姿を収める気にはなれずに、すみません 😥

五葉松さんは根っこはまだ生きている感じがしたので、最後の賭けに出てみました。

九月頃まで様子を伺いたいと思います。

本当は持ち庭があるのなら、一旦庭の土に埋めた方が良いのですが、家は持ち庭はないので、応急発砲スチロールヘルプ作業にしました 😥

何だか最近は凹みがちですねぇ・・・。松は難しいなぁ。

うちの万象も葉が溶けていくと以前お話したものも、遂に全部溶けてしまいました。

その万象も根っこは生きていたので、今鉢に入れて観察していますが、望は薄いかもしれません。

はぁ・・・ダブルショッキングな出来事続きで、心が折れそうです 😥

せっかく大事に育てているから、絶対に枯らしたくないんですけどね。。

と・・・久々に心が弱気になっている今日この頃なので 😥

今日はこの位にしておいて、次回はチビ琉球松の植え替え報告を綴りたいと思います 😎

Follow me!

スポンサーリンク
検索